Home



【ブラティスラヴァ世界絵本原画展】NEW

ブラティスラヴァ世界絵本原画展が
奈良にやってきます☆
世界や日本の絵本の原画ほか、
制作過程資料も併せて紹介されます。
こしだ絵本「でんきのビリビリ」
(そうえん社)の布や紙に描いた原画
も一緒に展示してくださいます^^
秋の奈良へどうぞお足運び下さい☆
「ブラティスラヴァ世界絵本原画展」
[日時]10/6(土)~ 12/2(日)
[開館時間] 9時~17時
(入館は 16時30分まで) 
[休館日] 月曜日 
但し
10/8(月)は開館、
10/9(火)は休館
10/29(月)、11/5(月)は開館 
[観覧料]一般 800(600)円  大・高生600(400)円  中学生 400(200)円
  ※( )内は団体料金( 20人以上) 
*小学生以下の方 、外国人観光客、留学生は観覧無料。
詳しくは、奈良県立美術館まで
〒630-8213  奈良市登大路町 10-6  TEL0742-23-3968  FAX0742-22-7032
http://www.pref.nara.jp/item/200686.htm#itemid200686


【ひろばin奈良美術館】NEW

ブラティスラヴァ世界絵本原画展の
会期中、館内で座って楽しめる
絵本のひろばを加藤啓子さん、
たかてらかよさんが作って下さい
ました。こしだも、ひろばに
にぎやかしの絵を描かせてもらって
ます。原画鑑賞の合間にどうぞ
ごゆっくり^^


講演対談【 BIB と絵本制作の舞台裏】NEW

【日時】11 /18 (日) 13 時~16 時 30 分 
【 BIB と絵本制作の舞台裏】

*イントロダクション「BIBと日本の絵本」
 広 松 由希子さん(絵本評論家 BIB2017 国際審査委員長)

* 講 演「わたしの絵本創作過程」
 こしだ ミカ (絵本作家)

* 講 演「これまでに見たことのない絵本を創るために」
 筒 井 大 介 さん(野分編集室)

* 対 談「絵本の現在・絵本の未来」
 筒 井 大 介 さん
 広 松 由希子さん 
 こしだ ミカ  
【会場】館内レクチャールーム 定員80 人 受講料 500 円 
【内容についてのお問合せ】
絵本学会研究委員会まで
ehongken2018@gmail.com
【会場についてのお問合せ】
奈良県立美術館まで
〒630-8213  奈良市登大路町 10-6  TEL0742-23-3968  FAX0742-22-7032
http://www.pref.nara.jp/item/200686.htm#itemid200686


【ラジオでの朗読YOUTUBE版】

イルカさんのラジオ番組
「イルカのミュージックハーモニー」の
「イルカのおはなし文庫」コーナーで朗読された
「ひげじまん」がyoutubeにUPされました。
前後2回に分けてUPされています。
イルカさんの声で語られる「ひげじまん」
いちど聴いてみてください☆

「ひげじまん」朗読YouTube版はこちら
第90回「ひげじまん」(1)2017年11月5日放送
第91回「ひげじまん」(2)2017年11月12日放送


【絵本】

「ひげじまん」(小学館)
なが~いひげが自慢のおおなまず。
「おれさまの世界一りっぱなひげを
自慢してやろう」と池から飛び出し大冒険!
旅先で出会うひげじまんたちに
向こう見ずな勝負をいどみます。
池から草原へ、草原から町へ、町から海へ
おおなまずの自信満々の旅は
どうなってゆくのでしょうか…


「ドンのくち」(佼成出版社)
2017年10月増刷

食べるのが遅い女の子が主人公です。
家族が「ごちそうさま」した後、食卓で一人
口の中で噛みきれない食べ物をモグモグしていた
ある日のこと。落としたおかずを犬のドンがパクッと
一瞬で食べてしまいます。
「なんでドンはあんなに早く食べられるんやろ?」
ドンのくちを観察していくと…
幼い頃の経験をもとに描いたお話です。


【神戸賞記念品制作】

 2018年神戸賞受賞記念の絵
「クエとウツボ一緒に狩りにゆく」
絹布、墨、染料で制作しました。
http://sumasui.jp/tyousa/cat54/8.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・